暑ーい日の朝ごはん~「APT#207」船寄真利さん vol.4

器店主の朝ごはん
2016.08.28

←お店の紹介はこちらから

8月を担当させていただいている船寄真利です。

横浜で、古本と器を中心とした生活雑貨のお店「APT#207」を営んでいます。

いよいよ最終回となりました! 今日は暑―い日に食べたい朝ごはんをご紹介します。

←vol.3はこちらから

 

photo&text:船寄真利  使用カメラ:OLYMPUS PEN Lite E-PL7

 

一時期、毎日朝ごはんがおむすびだったことがあります。ただお茶碗に白いご飯をよそうより、丸や三角にするだけでなぜかおいしく思えるのはわたしだけでしょうか。

今いちばんお気に入りは、海苔の下に大葉を忍ばせる食べ方。海苔ナシでも塩にぎりにごま油、大葉といった組み合わせもオススメです。さっぱりしてとにかく美味しい。暑いなぁ、食欲がないなぁ、なんて日に、きゅうりの冷汁とともにいただきます。

今日は、ちょっと頑張って豆ご飯をおにぎりに。お約束の大葉、さらに梅干もプラスして。暑さ対策は万全です。

s-画像4-1

吉田次朗さんのグレーのリム皿は、石のような質感です。

s-画像4-2

ご飯の白や、野菜の瑞々しいグリーンなどが引き立ちあえてあまり手の込んでいないお料理をのせます。近頃は自然が作り出す美しさに惹かれるようになりましたが、吉田さんのうつわもそのような静かな強さがあります。野菜や食べ物はもともと自然の中で育ったもの。だからこそお互いがすーっと引き寄せられてきれいに引き立て合うのだろうなぁと思います。

冷汁を入れたのは、大谷哲也さんの帽子皿。帽子をひっくり返したような浅めの鉢と皿の中間のようなこのうつわは、おかずも汁物もどんと受け止めてくれる、小さいながらも大きな存在です。

s-画像4-3

ご飯は少々面倒ですが豆を別に茹でて、最後に混ぜ合わせるとふっくら、きれいに仕上がります。普段はちゃちゃっと一緒に炊き込みますが、お客様の時などはこちらの方法で。水の代わりに豆の茹で汁で炊いて青々しい香りもたっぷり楽しんでいます。食欲がないときに言いつつ、おかわりしようか悩むほど爽やかな朝ごはんです。暑い夏にぜひ!

楽しかった連載も今日で最後。お付き合いいただきましたみなさま、ありがとうございました。

 

←その他の「APT#207」船寄真利さんのコラムはこちらから

 

『 ももふく 』 『 H.works 』 『 イコッカ 』 『 夏椿 』 『 スタイル ハグ ギャラリー 』 『 うつわshizen 』 『 黄魚 』 『 空音 』 『 工芸喜頓 』 『 ペドラー 』 『 うつわPARTY 』 『 テクラ 』 『 宙 SORA 』

APT # 207(アパートメントナンバーニーマルナナ)
神奈川県横浜市神奈川区反町4-32-8

東急東横線反町駅から徒歩5分。古本と、器を中心とした生活雑貨のお店です。架空のアパートに入居する素敵な器や雑貨たち。ここで素敵な出会いと発見があり、訪れた方の生活にほっこり灯りがともりますように。

open : 木〜日  13:00-19:00

tel : 045-321-5715

IG : https://www.instagram.com/apt207/

HP : http://apt207.theshop.jp

Check it out

あなたにおすすめ

肩の力を抜いた自然体な暮らしや着こなし、ちょっぴり気分が上がるお店や場所、ナチュラルでオーガニックな食やボディケアなど、日々、心地よく暮らすための話をお届けします。このサイトは『ナチュリラ』『大人になったら着たい服』『暮らしのおへそ』の雑誌、ムックを制作する編集部が運営しています。

ページトップ