大久保ハウス木工舎 木のヘラ

今日のひとしな
2017.01.05

~ MIGO LABO(ミゴラボ)より vol. 5~

 

あるハンドクラフト系のイベント会場を訪れた時のこと、木工作家の大久保公太郎さんが鮮やかな手さばきでカトラリーの製作実演を行っていました。私は思わずその場に立ち止まり、大小のカンナを操って木を削るその作業に見入ってしまいました。

s-0000

そこで販売されていた彼の作品の中から特徴的なフォルムの木のヘラを購入。さっそく使ってみると、とても機能的にできていることを実感し、MIGO LABOでも取り扱うことを決めたのでした。

s-0001

大久保さんの作る木のヘラは持った時のフィット感が抜群に良く、炒め物などの料理をした時、すぐにその使いやすさを実感できます。
どんな鍋にも合いそうな絶妙なカーブで食材をすくいやすく、先端の細くなった部分は箸のように食材を裁くこともできます。
また、カンナで削って表面を仕上げているため細かい傷が入りにくく、洗った後の雑菌やカビの心配が少なく清潔に使えるのです。

s-0002
 
昨年の夏、工芸の街・松本を一望できる高台にある大久保さんの工房にお邪魔することが出来ました。そこは、きれいに手入れされた道具や作業途中の作品などがずらりと並び、木のいい香りが立ち込める清々しい空間でした。
 s-0003

s-0004

s-0005


そんな空間で一本一本削られ作られる木のヘラは、一度手にするとその使いやすさゆえに手放せなくなる逸品なのです。

写真・文 / 石黒美穂子

 

←お店の紹介はこちらから

MIGO LABO(ミゴラボ)
東京都目黒区五本木2-42-1

フォトグラファーの石黒美穂子さんがディレクターを務める生活雑貨のセレクトショップ。作家もののうつわ、かご、キッチン道具のほか、コーヒー豆、お菓子、調味料などの取り扱いも。

TEL 03-6303-3281 営業時間、店休日については、公式フェイスブックでご確認ください。

MIGO LABO公式サイトはこちら

肩の力を抜いた自然体な暮らしや着こなし、ちょっぴり気分が上がるお店や場所、ナチュラルでオーガニックな食やボディケアなど、日々、心地よく暮らすための話をお届けします。このサイトは『ナチュリラ』『大人になったら着たい服』『暮らしのおへそ』の雑誌、ムックを制作する編集部が運営しています。

ページトップ