日本の職人の手仕事「breezyblue(ブリージーブルー)」のパラソル

今日のひとしな
2017.05.05

~ mar(マル)より vol.5 ~

穏やかな天気が続く季節ですが、ふと眩しい日差しを浴びると、もう夏の気配も感じますね。そんな季節に一緒にお出かけしたいのは、「breezyblue」の素敵な折りたたみ傘たち。晴雨兼用なので、これからやってくる梅雨の時期も、日差しが気になる夏本番にも大活躍します。

 DSC_8717
水彩絵の具で描いたような、爽やかな格子柄は、日本の職人の手仕事によるもの。手捺染(てなせん)という、昔ながらの染色の手法です。

図案をもとに職人が型作りから行い、生地を型枠にセットし、そこに染料を流しこみます。その後、ヘラを使って、手作業で生地に染料を染み込ませていきます。その過程で、手描きのような温かみのある滲みが生まれるのだそう。
 DSC_8697
カラーは、グリーンとネイビーの2色。どちらも落ち着きある色合いなので、季節を問わずお使いいただけます。また、折りたたむととてもコンパクトになるので
バッグに忍ばせておけば、雨予報の日も安心です。

 DSC_8713
涼しげな花柄が素敵なこちらの傘は、江戸時代から伝わる注染(ちゅうせん)という手法で、浴衣地を手染めして仕立てられています。

柔らかな浴衣地に、夏らしい図案がよく合います。天然竹でできた持ち手の佇まいも美しく、差す時にも持ち歩く時にも使いやすいようデザインされています。

こちらの傘は、基本的には日傘としてお使いいただくものですが、撥水加工が施されているので、小雨程度なら問題なくしのげます。ちょっとしたお出かけや旅行が、いっそう楽しいものになりそうですね。


どちらのタイプも、傘の内側からでも柄を楽しめるよう、染める工程で工夫がなされていたり、持ち手の部分や畳んだ時の形など、細部のデザインにも作り手の心づかいが感じられます。

雨をしのいだり、日差しを避けたりという機能以上に、毎日の天気を楽しみながら、出かけられる、そんな大切な時間や気づきをくれる傘なのです。


breezyblue

 

←お店の紹介はこちらから

mar(マル)

毎日の生活に取り入れやすいシンプルな雑貨、丁寧に作られた手仕事の品、器や洋服、小物など少しずつセレクトしたお店。シンプルなホームページやオンラインショップのサイトも人気。「今日のひとしな」の執筆は、店主の原麻子さんと3人のスタッフが担当。

 

神奈川県鎌倉市由比ヶ浜2-5-1
TEL:0467-24-6108
営業時間:11:00-18:00
定休日:なし(臨時のお休みはサイトでご確認ください)
http://mar-select.com/
http://mar-store.com/

Check it out

あなたにおすすめ

肩の力を抜いた自然体な暮らしや着こなし、ちょっぴり気分が上がるお店や場所、ナチュラルでオーガニックな食やボディケアなど、日々、心地よく暮らすための話をお届けします。このサイトは『ナチュリラ』『大人になったら着たい服』『暮らしのおへそ』の雑誌、ムックを制作する編集部が運営しています。

ページトップ