休日の朝ごはん

器店主の朝ごはん
2017.12.31

「mist∞(ミスト)」小堀紀代美さんvol.4

←vol.3はこちらから

 

こんにちは、12月の朝ごはんの担当をしております「mist∞」の小堀紀代美です。大晦日でもある本日4回目は休日の家族が揃う朝ごはんについてお話しさせて頂きますね。

 

私も月に1・2回はギャラリーの方で個展やイベントが入るので週末仕事が仕事になることもしばしば。ですから子供たちみんなと休日の朝にゆっくりと一緒に過ごせるのはひと月に数回しかありません。そんな少ないチャンスはもちろん全員が好きなメニューにします。今日はマカロ二グラタンです。グラタンを作る時はいつもこの寺村光輔さんの大皿をオーブンに入れてしまいます。耐熱容器ではないので少し不安もありますが、これで何年もやって来ているのでおそらく大丈夫みたいです。(※あくまでも我家での使い方です)

s-IMG_4014

 マカロニグラタンに卵スープ、トマトのサラダなど。

休日はパジャマや部屋着のままでそれぞれ髪に寝癖がついていたり、コンタクトではなく眼鏡をかけてとゆるゆるとしたいで立ちで、みんなで食べる朝ごはん。それがまた休日感があって私はとっても好きです。

 

「今日の器たち」

s-IMG_4066

マカロニグラタン(寺村光輔)

トマトサラダ(阿部貢三)

フランスパン(阿部貢三)

ジャム(中園晋作)

卵スープ(伊藤丈浩.手前)

卵スープ(高坂千春.奥)

取り皿(小鹿田焼き.高須健太郎.岳中爽果)

カトラリー(大内工芸)

 

最後に、毎日活躍してくれる我が家のご飯炊き土鍋の紹介です。

s-IMG_4091

土鍋生活はかれこれ15年ぐらいになります。最初に土鍋にしようと思ったきっかけは、電気炊飯器が壊れたときでした。買い替えを考えましたが、まだ20代半ばだった私には最新の炊飯器が高価なもので戸惑ったのを覚えています。それなら、使わないときはしまってしまえる土鍋にチャレンジしようと思ったのです。使い始めると、案外時間はかからないし、玄米も水を増やせばつけ置きなしで炊けますし、何より残った時はそのまま冷蔵庫にしまえるのです。今使用中の物は歴代3代目、岳中爽果さんの土鍋を愛用中です。これからもきっと、電気炊飯器は買わずに過ごすと思います。

 

 

以上、4回の朝ごはんにお付き合いありがとうございました。我家はシングルマザーの家庭ですが、それでも毎日ゲラゲラ笑って過ごせるのは子供たちと自分自身が健康で元気だからだと思っています。そのためにはほんの少し食べる事に気遣い、簡単でもいいから手料理を毎日作る、簡単な料理をご馳走に見せてくれる相性のいい器があってからこそだと思っています。ですから、いい器を作る作り手さんにも感謝をしながら食事を摂りたいですね。

 

ご愛読ありがとうございました。「mist∞」のお店やギャラリーでもお会い出来ると嬉しいです。よいお年をお迎えください。

mist∞(ミスト)ショップ 吉祥寺中道店
東京都武蔵野市吉祥寺本町4-7-1

(ショップ)

電話:0422-27-1735

営業日:木曜日、金曜日、土曜日

営業時間:12時~18時

(ギャラリー/サロン)

東京都武蔵野市吉祥寺北町1-1-20藤野ビル3F

電話:0422-27-5450

http://www.misto.jp/

※営業日や営業時間はこちらで確認を→http://blog.misto.jp/

Check it out

あなたにおすすめ

肩の力を抜いた自然体な暮らしや着こなし、ちょっぴり気分が上がるお店や場所、ナチュラルでオーガニックな食やボディケアなど、日々、心地よく暮らすための話をお届けします。このサイトは『ナチュリラ』『大人になったら着たい服』『暮らしのおへそ』の雑誌、ムックを制作する編集部が運営しています。サイト内の記事は、複数の外部配信メディアでも掲載されています。

ページトップ