時を感じるオブジェ「awaglass(アワグラス)」

今日のひとしな
2018.01.04

~ HOEK(フーク)より vol.4 ~


砂時計は、時間を計る道具です。見た目は似ていますが、こちらの泡時計は時間を計ることはできません。時を感じるためのツールなんです。

4-9f6fb
中にはちょっと特殊な「シャボン水」が入っており、それが上から下へと真ん中のくびれを通過する時に、ポコポコッと泡が下から上へと昇っていきます。これは、落ちるものではなく、上がっていく空気に着目した面白いオブジェです。

「awaglass」が様々な天候や季節によって見せる表情に癒される動画です。是非ご覧ください。

泡が奏でる音の心地よさ。癒し。音のない空間で、そっと目を閉じて耳をすませてみれば、自分自身がまるで水の中に浮かんでいるような感覚にさせられます。それは、心地よく、時に胎児がお母さんの体内にいるような感覚だったり、魚が透きとおる水の中を泳いでいるようだったり、森の湖畔の深いところから静かに昇ってくる生命の息吹のようであったり。なんだか神聖な感覚に陥ります。

unnamed (1)
また、目にも美しい「awaglass」。ついつい時を忘れて眺めていたくなるんです。コンパクトなので、飾る場所は選びませんが、窓辺に飾れば、季節や天候によって様々な表情を見せてくれます。キャンドルの炎に照らして見ても素敵です。

unnamed
ガラス部分は、砂時計を作っている吹きガラス職人さんによる手作りで、温かみのあるもの。

unnamed (2)
また、デザインが素敵なボックスに綺麗に収まっていますので、割れる心配もなくギフトにもオススメです。

時間を共にしてきた家族や、これから時を重ねていきたいと思える大切な方へ、意味のある素敵な贈り物になるはずです。


<studio note/寺山紀彦>
日本にてデザインを学んだ後、オランダ「Design Academy Eindhoven」に留学。帰国後、「studio note」を立ち上げ、プロダクトをメインに、「ホテルクラスカ」Room701の内装デザインや店舗アートワークなど、多岐に渡りデザイン活動を行なう。
http://studio-note.com/


「awaglass」大

「awaglass」

 

←お店の紹介はこちらから

HOEK(フーク)

ヴィンテージ、プロダクトデザイン、ハンドクラフトなど様々な分野から、食器、インテリア雑貨、日用品、オブジェ、キッズアイテム、ファッションなどジャンルレスに紹介。「今日のひとしな」の執筆は、主に大井美代さん。ときどき大井智史さんも登場。

 

東京都渋谷区神宮前5-12-10 鈴木マンション406
TEL:03-6805-0146
営業時間:12:00~19:00
定休日:水、木曜
http://www.hoek.jp
最新情報はInstagram「@hoek_shop」にて

Check it out

あなたにおすすめ

肩の力を抜いた自然体な暮らしや着こなし、ちょっぴり気分が上がるお店や場所、ナチュラルでオーガニックな食やボディケアなど、日々、心地よく暮らすための話をお届けします。このサイトは『ナチュリラ』『大人になったら着たい服』『暮らしのおへそ』の雑誌、ムックを制作する編集部が運営しています。

ページトップ