「アルテック」半円テーブル ~halutaの北欧アイテムvol.1~

今日のひとしな
2016.05.01


←お店の紹介はこちらから

まさにいま! ホッとひと息のあなたも、物欲にモエモエのあなたも、こんにちは。はじめまして。

今日からひと月の間、私たち北欧の家具や雑貨のお店「haluta」があなたに、ひとしなと夢を日々お届けしますからね。

さて、halutaが扱うのは基本、ヴィンテージの1点もの。なのでここで紹介するアイテムも、すぐにご用意があるかどうかは、その時の運次第となります(もも、申し訳ございません!)。が、いつまでも古びない価値があり、私たちがこよなく好きで好きで、出会ったらそく買ってしまう、まさに北欧の永久定番品ばかりです。

……と言いつつ、のっけからいきなりの現行もの。しかも、ちょっと変わりダネから。

フィンランドでは神的存在のデザイナー、アルヴァ・アアルト氏がデザインした、「アルテック」のかわいい半円テーブルをご紹介しましょう。

_P6A8566

これ、頭をめぐらせるほどに、いろんな用途が思い浮かびます。

直線の部分を壁にぴたりとつけてコンソールテーブルにしてもよし、窓辺に向かい合わせて、外の景色を見るもよし、対面キッチンのカウンターとして使っても、ちょうどよいフォルム。

DSC_7567

直径が1.2mあり、ゆったりノートや本を広げることができるので、ママの家事デスクや、お子さまの勉強机としてもよい感じ。ひとりのみならずふたり並んでも、ほどよい距離感と角度を保てます。

DSC_7457

また、同じ半円タイプをふたつくっつけると円形として、また同シリーズの長方形テーブル「80B」と組み合わせると、ちょっと面白い変形テーブルのできあがり。シーンや、ライフステージに合わせて、さまざまな変化をつけられます。

DSC_7653

19

デザインもさすがのアルヴァ・アアルトさん、木のぬくもりを感じながらも、シンプルでクリーン。モダンなインテリアにも、ナチュラルな空間にも、しなやかになじみます。

48921981_38e78fa164

天板のリノリウムは、亜麻という花の種からとれる亜麻仁油を原材料として、コルク粉や木粉などを混ぜ合わせた、天然由来の素材。抗菌性や耐久性にすぐれ、ホコリや汚れがつきにくく、家具をいつまでも清潔に保てます。

色は「アルテック」定番色として、ホワイトとブラックを。さらにhalutaだけのエクスクルーシブカラーとして、ペトロブルー、ブラウン、オリーブ、ブルー、レッドの5色をご用意しております。

halutaのオーナーも「3本脚のナイスなバランス。完璧ですよね」と、お気に入り。

あなたのスタイルにそぐう、自由でチャーミングな発想でどうぞ、使いこなしまくってみてください。

_P6A8567
¥145,000+tax

haluta

主にデンマークから仕入れたヴィンテージの北欧家具、雑貨を扱う。「今日のひとしな」コラム執筆は、ウェブブック「haluta365」編集長・山村光春さん。

 

haluta kanda(ハルタ カンダ)
東京都千代田区神田須田町1-25-4
マーチエキュート神田万世橋
TEL:03-5295-0061
11:00~21:00(日祝 ~20:00)

 

haluta AndelLund(ハルタ アンデルンド)
長野県上田市小泉821-1
TEL:0268-71-3005
12:00~17:00(火、土、日祝のみ営業)
http://www.haluta.jp

肩の力を抜いた自然体な暮らしや着こなし、ちょっぴり気分が上がるお店や場所、ナチュラルでオーガニックな食やボディケアなど、日々、心地よく暮らすための話をお届けします。このサイトは『ナチュリラ』『大人になったら着たい服』『暮らしのおへそ』の雑誌、ムックを制作する編集部が運営しています。

ページトップ