ハンス・ウェグナーの「GE258デイベッド」~halutaの北欧アイテムvol.4~

今日のひとしな
2016.05.04

←お店の紹介はこちらから

 

みなさん、眠くありませんか?
今日は、ハンス・ウェグナーの隠れた名作、デイベッドGE258をご紹介しましょう。

VI-1412030285_02

ウェグナーといえば北欧インテリアのファンはもちろん、そうでなくたって、名前を聞いたことがあるでしょう? デンマークのみならず、世界じゅうで知られる巨匠デザイナーです。

生涯のうち、デザインを手がけた椅子は500種以上! なかでも代表作であるYチェアは、世界でもっとも売れた椅子と言われ、今も作られ続けています。

そんなウェグナーの椅子以外で手がけたなかで、コアなファンが多いのがデイベッドGE258です。

ウェグナーが直々に、デンマークにある学校の寄宿舎のために作ったというこちらは、聞けばなるほど、見るからにまじめで、実直なたたずまい。業務用っぽい無駄のないデザインが好きなあなたには、きゅっと胸をつかまれることうけあいです。

1501047_02

マットレス製造会社として創業したGETAMA社のコイルスプリングが内包されたマットレスは固すぎも、柔らかすぎもせず、座っても、寝てもちょうどいいぐあい。

通常は3人、場合によっては4人くらい座れそうなソファとして、またベッドとして使う際は、背の部分を手前にぐいっと持ち上げるだけ。力もほとんどいりません。ほんとうにかんたんです。

_P6A5581

_P6A5564

ちなみにベッド時の幅は85cm、長さは約2m。SSサイズのベッドよりも少し長いくらい。窮屈さはそれほどありません。

halutaのオーナーは、子育てをしていたときに、とても役に立ったといいます。「フラットなので、子どものおむつを替えるときにすごくラクなんです。お昼寝をさせるときにもよいですね。もちろん、お客さんが来たときにも便利でした」

またファブリックは背面と座面の2つあり、張り替えでお好きな色柄のテキスタイルを2種類組み合わせられるのも、すこぶる魅力。面積も大きいので、じつにじつにダイナミックな印象です。

_DSC4079

_P6A4619

ちなみにhalutaであれば、mina perhonenが手がけるインテリアファブリック「dop」を(ヴィンテージ家具では今のところhalutaだけ)張ることもできますヨ。minaファンにはたまりません。

_P6A5066

素材や脚のかたち、またひじかけ(私たちは“ソデ”と呼んでいます)の有無と、微妙に異なりますので、こだわりたい方は、そこまでチェックをしてくださいね。

実はこれを書いているわたくしめも、これが欲しくて欲しくて、寝ても醒めてもずっと妄想しているしまつなのです。

_P6A2231
¥250,000~

 

haluta

主にデンマークから仕入れたヴィンテージの北欧家具、雑貨を扱う。「今日のひとしな」コラム執筆は、ウェブブック「haluta365」編集長・山村光春さん。

 

haluta kanda(ハルタ カンダ)
東京都千代田区神田須田町1-25-4
マーチエキュート神田万世橋
TEL:03-5295-0061
11:00~21:00(日祝 ~20:00)

 

haluta AndelLund(ハルタ アンデルンド)
長野県上田市小泉821-1
TEL:0268-71-3005
12:00~17:00(火、土、日祝のみ営業)
http://www.haluta.jp

肩の力を抜いた自然体な暮らしや着こなし、ちょっぴり気分が上がるお店や場所、ナチュラルでオーガニックな食やボディケアなど、日々、心地よく暮らすための話をお届けします。このサイトは『ナチュリラ』『大人になったら着たい服』『暮らしのおへそ』の雑誌、ムックを制作する編集部が運営しています。

ページトップ