「今日のひとしな」10月の担当は「sahanji+(サハンジプラス)」の河村奈穂さん

今日のひとしな
2016.10.01


今日から1か月間、デイリー連載「今日のひとしな」を担当していただくのは、静岡にある「サハンジプラス」の店主・河村奈穂さんです。 内観全体
河村さんと編集部との出会いは、7年ほど前にさかのぼります。着こなしやお店について取材させていただいた帰り道、撮影スタッフから出た言葉は「きれいな人だったねー」「時々だけど笑ってくれたねー」。……そう、美人でクール、ピリリとした空気を漂わせた女性だったのです。

「いま考えたら、かなり肩に力が入っていたと思います。店を自分ひとりで背負っている感覚というか。他の店にあるものは置かないとか、お客様や作り手の要望をすべて叶えなくてはとか、自分でないとできない店にしなくては、とか……」

 内観10
それが5年前、河村さんの人生もお店のあり方も、ガラリと変わる出来事がありました。息子さんの出産です。5か月ほどの産休・育休を経て復帰。育児をしながら仕事をする日々の中で、「できないこと」があまりにも多いのに驚いたといいます。

「時間的にも体力的にも、今までと同じことをするのは絶対に無理。だったら、できる範囲でできることだけをやればいいって開き直ったら、気持ちにすっと余裕ができたんです」
 内観3
それからの「サハンジプラス」は、まるで別のお店になったよう。11時から19時までだった営業時間も、今は午後の4時間のみ。企画展を開催するときは準備期間を十分にとり、その間は思い切ってお休みすることにしました。元々お客さんだったご近所さんに、交代でお店番を手伝ってもらうことも。

お客さんたちも理解してくれて、いつもスケジュールを確認してから来てくれるように。以前は何から何まで一人で切り盛りしていた河村さんは、今、本当にたくさんの人の力を借りて、「新・サハンジプラス」を営んでいるのです。
 内観6
そうしていると自然と、他の店と自分の店を比較することもなくなり、自分のやりたいことに素直になりました。企画展の発想も自由になり、子供服やおもちゃのラインナップも増え、子供連れのお客さんも増えたそう。

「お客様から、お店に来やすくなった、私と話しやすくなったって、よく言われます。今までの私、どれだけ気難しいオーラを放っていたんでしょうね(笑)」
 外観6
そして最近、またまた河村さんの世界がグンと広がる出来事がありました。それは、この夏開催した「LULU GROCERY STORE !」という企画展。

地元・静岡で活躍している布作家「LULU」大澤弘美さんの作品展だったのですが、面白くてセンスのいい大澤さんの魅力が伝わるよう、大澤さんお気に入りの品々も集めてお客さんに紹介しよう! ということになったのです。
ルル展3
以前は、自分のセレクトにこだわっていた河村さんでしたが、大澤さんに教えてもらった初めて見るようなかわいいもの、おいしいもの、ギョッとするもの(笑)は、確実に河村さんの心をとらえ、ゆるめてくれたのでした。内観12
「一人ではできないことって、本当にたくさんあるんですよね。自分だけしかできない、と思い込んでいたことも、人の手を借りることで、さらに厚みが増すことを実感しています。今は毎日お店に立つのが楽しくて。こんな辺鄙でワガママ営業のお店にお付き合いくださるお客様への感謝の気持ちも、一層強くなりました。お客様とたくさん話して、いいお買い物時間だったなと思ってもらえたらうれしいです」
 外観7
時間がゆっくりと流れ、気持ちのいい空気を感じながら過ごせる一軒家ショップ。ぜひ、足を運んでみてくださいね。河村さんが毎日綴る「今日のひとしな」コラムもお楽しみに!

sahanji+(サハンジプラス)

2006年、お祖母様の暮らしていた一軒家を改装してオープン。器、道具、服など衣食住にまつわるものや、暮らしになじむオブジェなどが並ぶ。連載「今日のひとしな」の執筆は、店主の河村奈穂さん。

 

静岡県静岡市清水区堂林2-9-5
TEL:054-353-1155
営業時間:13:00~17:00
不定休
http://www4.tokai.or.jp/sahanji-plus/

肩の力を抜いた自然体な暮らしや着こなし、ちょっぴり気分が上がるお店や場所、ナチュラルでオーガニックな食やボディケアなど、日々、心地よく暮らすための話をお届けします。このサイトは『ナチュリラ』『大人になったら着たい服』『暮らしのおへそ』の雑誌、ムックを制作する編集部が運営しています。

ページトップ