日常使いに嬉しいデザインとお値段 「陶丘工房」のうつわたち

今日のひとしな
2021.01.13

~「YARD」よりvol.13 ~

熊本県天草市五和町の小高い丘の上にある「陶丘工房」。

陶芸家・末石昌士さんのつくる器は、成形した土の器を白い泥(化粧泥)の中につけて最後に釉をかけるという、三層でできる「粉引」という技法を使い、シンプルながらも手作りのあたたみがあるうつわを作陶されています。

実は、私の実家があるのも天草市で、実家から車で20分のところにある「陶丘工房」は、静かでとてものんびりとした場所。あそびに行くとコーヒーとお菓子を出してくださり、猫ちゃんとのんびりデッキでいただくのが楽しみでもあります。

 私が毎日使うのは、白い器たちです。白といってもアイボリーのような優しい色合いなので、どんなお料理にも合います。

うつわの深さや口の広さ、持ち手の大きさやバランスまでしっかりと計算されていて、使いやすさへのこだわりを感じます。

白以外にもちろん色付けされたうつわもありますが、どれもあたたかみがあるものばかり。デザイン的にもお値段的にも日常につかいやすいのも主婦にはありがたいです。

「陶丘工房」さんの作品は、派手さはないけどしっかり使えて、使ったら「あ、意外といい!」と思ってもらえて、気づけばこればかり使ってしまうような、日常の暮らしにしっかり溶け込む器です。

年に数回、店頭に納品いただいてます。時期によって内容もかえてくださるので、心待ちにしてくださっているお客様もたくさんいらっしゃいます。

是非、店頭でご覧いただきたいです。

今日もありがとうございました。

 

→その他の「YARD」の記事はこちらから
→その他の「今日のひとしな」の記事はこちらから

YARD

住所:熊本市東区神水本町27-21
TEL:096-285-6592
※cafeご予約 096-285-6591

営業時間:11:00-18:00
※cafeラストオーダー 17:00

定休日:水曜日
https://www.com-project.jp/com/
instagram:@yard_haus
オンラインショップ:https://www.yard-online.com/

Check it out
さらに読みたい

肩の力を抜いた自然体な暮らしや着こなし、ちょっぴり気分が上がるお店や場所、ナチュラルでオーガニックな食やボディケアなど、日々、心地よく暮らすための話をお届けします。このサイトは『ナチュリラ』『大人になったら着たい服』『暮らしのおへそ』の雑誌、ムックを制作する編集部が運営しています。

ページトップ