アベクミコさんのタイ料理とおへそパーティ

編集部ブログ
2019.02.20

こんにちは。

編集部の木村です。
今日は、先週末に行われた一田さん宅で開催された「おへそパーティ」リポートをお届けします。


『暮らしのおへそ』では、その号に登場していただいた方とスタッフさんとで、毎号恒例の「おへそパーティ」を開いています。おへそディレクターの一田憲子さんの素敵なご自宅のキッチンで、登場していただいた料理家さんにお料理を作っていただき、それぞれお酒を持ち寄り家族や友人の方同伴で来ていただく、アットホームなパーティなのです。

先週末に行われたおへそパーティでは、タイ料理を中心にケータリングや、プライベートダイニングを開いているアベクミコさんがタイ料理をつくってくださいました。

webIMG_2825A

 ショートカットの金髪でかっこよくて、とってもおしゃれなアベさんは、
『暮らしのおへそ』Vol.27に登場しています。

 

「独立して、自分のやったことがダイレクトに自分に返ってくるんだと実感しています
ずっと人の縁に恵まれて誰かに誘われて、一緒にイベントをやってワイワイ楽しんで。
文化祭的な生き方が好きなんでしょうね」とはアベさん談。

 

おへそパーティに、メニューがプリントされたこんなランチョンマットをたくさんつくってきてくださいました! 可愛い! 

 webIMG_2809A

いよいよ一田さん宅のキッチンでアベさんのお料理が始まりました。

 webIMG_2811B

この日わたしがはじめて食べたタイのおつまみがこちら「ミアンカム」。

タイの「はいごしょう」という葉っぱに、細かく切ったトウガラシ、ライム、ピーナッツ、赤タマネギ、炒りココナツ、干しエビ、ショウガなどを包んで食べる前菜なのだそう。葉を三角に畳むようにして器を作って甘いタレをたらり。様々な味が口の中で複雑にまざりあい、おいしい! もうやみつきになります~。

webIMG_2813B

 

それから、ローストポークと金柑のヤムポンラマイ。わあ~!と歓声があがる色彩の美しさ。ヤム→あえる ポンラマイ→フルーツ という意味だそう。具だくさんのフルーツサラダとでもいえばいいのでしょうか?お肉がたっぷりでヘルシーなのにボリューム満点。

webIMG_2814A

 

 

このほかにも八角とターツァイと一緒に煮込んだ煮卵、自家製スイートチリソースをディップしていただく揚げワンタン、春雨においしい出汁がしみこんだヤムウンセン、グリーンカレーなどなど盛りだくさん。タイ料理が特別おいしいのは野菜やハーブ、ナッツなどいろんな食材をたくさん混ぜて使うことで、味が口の中で何層にもなって広がるからでしょうか。

webIMG_2820A

タイ料理にはビール、というイメージですが、ワインや日本酒も合うそうで、おいしいお料理とめいめい好みのお酒でほろ酔いに。おへそパーティの夜はしあわせに更けていきました。取材時とはまた違ったリラックスした話ができるのもおへそパーティの醍醐味です。取材や撮影続きでへとへとの日もあれど、こんなに素敵な夜もある。元気をチャージして明日からまたがんばろー!と空に向かって吠えるワタシでした。人とごはん、これこそ人生の宝ですね。

『暮らしのおへそ』Vol.27にはアベクミコさんの簡単タイ料理のレシピも掲載!

webIMG_2698 (1)A

ぜひご覧くださいね。

Check it out

あなたにおすすめ

肩の力を抜いた自然体な暮らしや着こなし、ちょっぴり気分が上がるお店や場所、ナチュラルでオーガニックな食やボディケアなど、日々、心地よく暮らすための話をお届けします。このサイトは『ナチュリラ』『大人になったら着たい服』『暮らしのおへそ』の雑誌、ムックを制作する編集部が運営しています。サイト内の記事は、複数の外部配信メディアでも掲載されています。

ページトップ