潔く手放して”今の私”のワンツーコーデが完成 vol.1 主婦 金子敦子さん

ナチュリラ
2017.07.10

肉感をひろうコットンのTシャツを封印し、
リネンTシャツにシフト

kaneko驥大ュ舌&繧薙そ繝ャ繧ッ繝・_MG_2823A
真っ白のリネンTは、「ゴーシュ」のグレイッシュブルーのワイドパンツにインで。

少しだけブラウジングしてバランスを調節。小物も真っ白の革素材で統一すれば、
さわやかでも、ほどよくかっちりした大人スタイルに。

以前は夏の定番だったコットン素材のTシャツは、年齢を重ねていくうちに
「肉感をひろうので、シルエットが気になって」と金子さん。
そこで新定番になったのは、「フォグリネンワーク」のリネンTシャツ。
身幅がゆったりしているうえ、
リネンならではの適度な落ち感ですっきり着られるので、
少しずつ買い足し、計4枚を所有。

kaneko驥大ュ舌&繧薙そ繝ャ繧ッ繝・_MG_2891A
水色のリネンTには、ワイドシルエットの薄手デニムを合わせて、涼やかなブルートーンの着こなしに。「ニードルズ」の“ヒザデルパンツ“は立体裁断による自然な丸みがお腹まわりをカバー。心強い1本なのだそう。

 

「着ていて気持ちよく、乾きも早いリネンは大好きな素材。
シンプルなワンツーコーデもカジュアルになりすぎず、
品よくまとまります」

kaneko驥大ュ舌&繧薙そ繝ャ繧ッ繝・_MG_2928A
ベージュTに白ボトムを合わせてワントーンコーデに。

「白は膨張色ですが、センタープレス入りの七分丈パンツで、
足首と縦のラインが強調して、着やせ効果を狙います」。
足元はスポーティなサンダルを合わせて脱コンサバに。

 

深みのある黒のリネンTにはテーパードデニムを。鎖骨がのぞく襟あきのバランスは、ネックラインがきれいに見え、デニムスタイルも女性らしさをキープ。軽やかな白いレースアップシューズで抜け感を出して。


深みのある黒のリネンTにはテーパードデニムを。

鎖骨がのぞく襟あきのバランスは、ネックラインがきれいに見え、
デニムスタイルも女性らしさをキープ。
軽やかな白いレースアップシューズで抜け感を出して。

 

「重ねてごまかせない(笑)夏こそ、アイテムを厳選しています」と金子さん。
夏に向け、ワンツーコーデのおしゃれも更新中です。

「これまでコットンTシャツが定番でしたが、肉感をひろってしまう。
ひざ丈ワンピースやスカートはたくましいふくらはぎが気になる。
“今の私“に似合うワンツーコーデは? と思いをめぐらせました」

 日々、自撮りを続けてブログに載せる中で、
娘さんの率直な言葉やブログ読者の反響から、
今の自分に似合うスタイルを模索。
「いくら自分が好きでも、
固執していたら何も変わらない」と、
選ぶ服やコーディネートを柔軟に変化させていきました。
Tシャツはリネン素材に、ひざ丈ワンピースには
ワイドパンツを合わせて大人っぽく。
スカートは身長の半分の80cmと決め、あとは潔く手放したそう。

「少数精鋭で、今後も今の自分に似合う服、
きれいに見える服だけを着たいと思います」

金子さんの厳選夏のワンツーコーデVol.2では
ワンピース編をお届けします。お楽しみに。

 

text:増田綾子 photo:枦木功

『ナチュリラ vol.38』より

 

→その他の金子敦子さんの記事はこちら

Check it out

あなたにおすすめ

肩の力を抜いた自然体な暮らしや着こなし、ちょっぴり気分が上がるお店や場所、ナチュラルでオーガニックな食やボディケアなど、日々、心地よく暮らすための話をお届けします。このサイトは『ナチュリラ』『大人になったら着たい服』『暮らしのおへそ』の雑誌、ムックを制作する編集部が運営しています。

ページトップ