夏のTシャツ、大人は小物で差をつけて!

ナチュリラ
2016.07.18

夏のワードローブには欠かせないTシャツも、年齢を重ねるにつれて二の腕が気になってきたり、カジュアルのさじ加減が難しくなってきたり……。着たいけれど、何を選んでどう着こなすかに悩んでしまいますよね。そこで、おしゃれさんの選び方や着こなし方について調査!

大人のTシャツはディテールやサイズ感を吟味して選び、小物合わせに成功の鍵があるようで…。

たとえば選び方。こちらは東京・自由が丘の雑貨店「ブロカント」店主の松田尚美さん愛用の一枚。

s-cut02_067

「ルトロワ」のもので、「女性らしい首のあき具合と、サイズ感を真っ先にチェックします。この『ルトロワ』は、コンパクトな肩の造りが自分の体型にしっくりなじむので」と松田さん。

色違いのネイビーも持っていて、Tシャツがコンパクトなぶんボトムはボリュームのあるロングフレアスカートやガウチョパンツを合わせることが多いそう。

 

シンプルなTシャツだからこそ、小物でどんなイメージにも持っていけるもの。スタイリストの田中美和子さんは、オンとオフでさりげなく合わせる小物を変えています。

s-cut02_175

仕事の日は、少々雑に扱っても平気なようにと「Gショック」の時計を。そのかわり、アクセサリーは上品なパールのピアスをさりげなく組み合わせます。

 

s-cut02_155

一方、休日のお出かけには大切に使っている「IWC」の巻き時計と「アエタ」のレザーポシェットを。カジュアルさと大人の上質さのさじ加減はさすがです。

 

アタッシュ・ドゥ・プレスの岡本敬子さんは、エッジィな小物合わせがお約束。

s-cut02_064

夏ならではのカラフル&キラキラアクセで大人の余裕を醸して。

 

静岡・沼津で雑貨店「hal」を営む後藤由紀子さんは、Tシャツにはあえてスカートとパールを合わせてフェミニンに着こなします。

s-cut02_057

「もともとのなで肩体型に加えて、年齢とともに体のシルエットが丸みを帯びてきて……。だらしない印象にならないように、上質なカーディガンやパールのアクセサリーを合わせ、Tシャツでも背すじがシャンと伸びるような、きちんとした着こなしを意識しています」

『ナチュリラ』2016夏号vol.34より抜粋 photo:上原朋也 text:坂本祥子

それぞれの方のTシャツや小物合わせの工夫、いかがでしたでしょうか?

現在発売中の『ナチュリラ』2016夏号vol.34「大人のTシャツどう選ぶ?ど着こなす??」企画にてさらに詳しいコーディネートをご紹介しています。ぜひそちらもチェックしてみてくださいね。

女優・原田知世さんの表紙が目印です!!

s-ナチュリラ夏号2016

 

 

Check it out

あなたにおすすめ

肩の力を抜いた自然体な暮らしや着こなし、ちょっぴり気分が上がるお店や場所、ナチュラルでオーガニックな食やボディケアなど、日々、心地よく暮らすための話をお届けします。このサイトは『ナチュリラ』『大人になったら着たい服』『暮らしのおへそ』の雑誌、ムックを制作する編集部が運営しています。

ページトップ