いつものごはん ~「夏椿」恵藤文さんvol.1

ある日の朝ごはん
2016.05.01

←お店の紹介はこちら

 

月替わりで人気の器店の店主さんに、素敵な器を使った朝ごはんの様子をご紹介いただく連載「ある日の朝ごはん」。5月は、世田谷にある「夏椿」の店主、恵藤文さんに担当していただくことになりました。第1回の今日は、恵藤さんの定番朝ごはんです!

P4160032

ごはんかパンかと問われれば、
何がなんでもごはん派。

一緒に食べるおかずはしゃけ・鯵のひらき・納豆・
出汁巻き卵・海苔・温泉卵・明太子などなど。

普段は朝ごはんと昼ごはんが一緒なので、大事な一食。
漆の折敷に定番を並べると、
いつものおかずも少しおめかしした様子。
飯碗にしゃけとおひたし、納豆をのっけて
丼のようにして食べる。
これが最近のお気に入り。


P4160004
左から、
くらわんか(伊藤環)には玄米と白米半々のごはん
台皿(大嶺實清)には出汁巻き卵
古道具屋で購入した漆椀には大根と油揚げのみそ汁
椿皿にはほうれん草のおひたし
白磁長角皿(伊藤聡信)には鮭
片口(村田森)には納豆。

いつもの平凡だけれど
何度食べても飽きない朝ごはん。

大好きなお米は、木の蓋を加藤良行さんに、
ガラス部分を津田清和さんに作っていただいた
コンテナに収納。
P4160071

 

 

vol.2「懐かしい朝ごはん」はこちらから

vol.3「簡単丼の朝ごはん」はこちらから

vol.4「昨日のスープ」はこちらから

vol.5「お休みの日のごはん」はこちらから

 

第1回「ももふく」 田辺玲子さんはこちらから

第2回「H.works」 園部由貴さんはこちらから

第3回「イコッカ」 福地京子さんはこちらから

第5回「スタイル ハグ ギャラリー」 尾関則恵さんはこちらから

第6回「うつわshizen」 刀根弥生さんはこちらから

夏椿(なつつばき)

器と、生活の中から生まれる道具を扱う店。毎月、個展や企画展を開催している。「ある日の朝ごはん」のコラム執筆は、店主の恵藤文さん。

 

東京都世田谷区桜3-6-20
TEL:03-5799-4696
http://www.natsutsubaki.com

肩の力を抜いた自然体な暮らしや着こなし、ちょっぴり気分が上がるお店や場所、ナチュラルでオーガニックな食やボディケアなど、日々、心地よく暮らすための話をお届けします。このサイトは『ナチュリラ』『大人になったら着たい服』『暮らしのおへそ』の雑誌、ムックを制作する編集部が運営しています。

ページトップ