お疲れさんの朝ごはん~「スタイル ハグ ギャラリー」尾関則恵さんvol.4

ある日の朝ごはん
2016.06.26

東京原宿で「Style-Hug Gallery」という作家の作品を扱うギャラリー店主をしています尾関則恵です。4回にわたり6月の連載を担当させていただいています。早いもので今回が最終回となりますが、どうぞよろしくお願い致します。

photo&text:尾関則恵 使用カメラ:OLYMPUS PEN Lite E-PL7

vol.3はこちらから

 

飲んだ次の日や忙しくて食事の時間が不規則になったりした次の日の朝は、発酵食が中心の胃腸にやさしいメニューでリセット。

 

s-NT_a

 

少しやわらかめに炊いたごはん、納豆、生卵、じゃこ、梅干し、めんたいこ、ネギ、もずくをお好みでまぜまぜ。パセリ入り出汁巻き卵、塩糀漬け鶏胸肉焼き、緑茶。出汁巻き卵はお弁当に入れた残り。ごはんを少なめにして、いろんな具材を納豆に混ぜて“かけごはん”にすれば時短になるし、少しずつでもたくさんの食材が摂れます。こんな地味なメニューですが、小皿をいろいろ登場させられて楽しいし、食卓も地味にならず、民宿の朝食みたいでいい感じ。こんなメニューの時はことさら器の力を実感します。

 

使用した器たちはこちら。

 s-NT_b

 

上から、中村恵子さんの一杯湯呑み(黒)、当店オリジナル富井貴志さんのバゲット皿(長方形の拭漆黒)、その上の小皿は、左から森岡成好さんの焼締ぐい呑み、冨本大輔さんのはしおき豆皿(六角縞)、森岡成好さんの灰釉ぐい呑み、冨本大輔さんのはしおき豆皿(花びら)、これまた当店オリジナル林拓児さんの貫入長八角皿。醤油差しは大江憲一さんのもの。古谷宣幸さんの飯碗、村上雄一さんの粉引マカイ5寸です。

小皿いろいろは、木製の長皿に乗せたら一体感が生まれ、食卓もごちゃごちゃせず片付けも簡単。バゲット皿と名づけた通り、お皿としても使用できますが、こんな風にお盆として使っても。使い道をあれこれ考えるのも楽しいひとときだったりします。マカイも小鉢や小丼、はたまたカフェオレなどの飲器としても使える便利な形。なおかつ納豆やいろんな具材をまぜまぜするのに、深さも大きさもちょうどいいのです。左手で持って右手の箸でまぜまぜ、といった具合に。

黒の拭漆に繋げるように、外側黒/内側白の湯呑みを。白い器の中に黒い器がひとつドンとあると、コントラストが強すぎて落ち着かないこともあるので、それを繋げるような色や模様の器があるとなじみがいいように思います。

 

s-NT_c

 

磁器の白はブライトな白なので、黒と白磁の間には貫入の白をはさんで調和を取って。貫入の器は、使い込んでいくうちに渋くなっていくので、“育てる”楽しみのある器です。どんどん育てると(笑)、骨董の器との相性もぐんとよくなりますよ。

 

 

vol.1「季節の恵をいただく朝ごはん」はこちらから

vol.2「テンションアップの朝ごはん」はこちらから

vol.3「台湾・思い出の朝ごはん」はこちらから

 

第1回「ももふく」 田辺玲子さんはこちらから

第2回「H.works」 園部由貴さんはこちらから

第3回「イコッカ」 福地京子さんはこちらから

第4回「夏椿」 恵藤文さんはこちらから

第6回「うつわshizen」 刀根弥生さんはこちらから

Style-Hug Gallery(スタイル ハグ ギャラリー)
東京都渋谷区千駄ヶ谷3−59−8 原宿第2コーポ208

JR原宿駅 竹下口より徒歩5分。

展示会期間のみオープンする器ギャラリー。

緑に囲まれた古いコーポの2階にある店内には

ゆったりとした時間が流れる。

telfax03-3401-7527
営業時間:11:0018:00
定休日: 不定休(展示会期中は無休)

http://www.style-hug.com

肩の力を抜いた自然体な暮らしや着こなし、ちょっぴり気分が上がるお店や場所、ナチュラルでオーガニックな食やボディケアなど、日々、心地よく暮らすための話をお届けします。このサイトは『ナチュリラ』『大人になったら着たい服』『暮らしのおへそ』の雑誌、ムックを制作する編集部が運営しています。

ページトップ