気合いを入れて作るハード系のパンの朝ごはん ~エイチワークス園部由貴さん vol.3~

器店主の朝ごはん
2016.03.13

←お店の紹介はこちらから


こんにちは、器店「H.works」の園部由貴です。お店の器を使った朝ごはんをご紹介している連載の第3回。今回のテーマは、手作りパンの朝ごはんです。

photo&text:園部由貴 使用カメラ:OLYMPUS PEN Lite E-PL7

vol.2はこちらから


パンを作るのは休日の午前中とほぼ決まっています(発酵待ちの合間に掃除や洗濯などをして)。でも前夜から発酵種の仕込みが必要なので、気合を入れないと作れないのが、ハード系のパン。目覚めもバッチリになる休日の朝です。

A0207041
ミニバゲットとプチカンパーニュ、
グリーンサラダ、
鶏とトマトのシチュー、
自家製梅ジャムのせのヨーグルト。

ちょこっと残っていたジェノベーゼを加えたら、あっさり味にしたシチューも、風味がゆたかになりました。噛みしめて味わうようなハード系のパンには、サラダもシチューも、シンプルな味付けのものがいいと気付きます。

A0207054

使っている器は、
シチューは、田谷直子さんの5寸スープ鉢・土色(左)で、
意外にたっぷり入ります。
ヨーグルトは、印花文様のある林健二さんの飴釉小鉢(右)、
カトラリー類は坂野友紀さんのものです。


パンを盛った竹籠は、久保一幸さんのもの。
丸い蕎麦ざる(右)も時々パン皿に。脚が付いているので、熱をうまく逃がし、焼きたてを盛るのにはもってこいのお皿です(蕎麦を盛っても水が漏らないざるでもあります)。
A0208065

 

サラダとパンを盛ったお皿は、石田誠さんの紅毛手7.5寸リム皿(#2)。これはクリーム色ですが、下の写真のようなきれいな色のお皿も何色かあります。リム皿の形は3種類。石田さんは、最近はシンプルな丸皿も作られているので、ベストなパン皿探しができます。

A0213002

「H.works」では、来週末から石田誠さんの器店を開く予定です。たくさんの魅力的な器が並びますので、ぜひ足をお運びください。会期後半には、お電話でのご注文も可能となります。

 「石田誠 器展」
 3/19(土)~27(日) 会期中無休
 11:00~18:30

 

←その他の「H.works」園部由貴さんのコラムはこちらから

 

『 ももふく 』 『 イコッカ 』 『 夏椿 』 『 スタイル ハグ ギャラリー 』 『 うつわshizen 』 『 APT#207 』 『 黄魚 』 『 空音 』 『 工芸喜頓 』 『 ペドラー 』 『 うつわPARTY 』 『 テクラ 』 『 宙 SORA 』

H.works(エイチワークス)

日常使いの器や道具を扱う。企画展も、月に1度のペースで開催。「ある日の朝ごはん」のコラム執筆は、店主の園部由貴さん。

東京都立川市錦町1-5-6 サンパークビル202
042-521-2721
11:00~18:30  月・火定休
http://www.h-works04.com/

Check it out

あなたにおすすめ

肩の力を抜いた自然体な暮らしや着こなし、ちょっぴり気分が上がるお店や場所、ナチュラルでオーガニックな食やボディケアなど、日々、心地よく暮らすための話をお届けします。このサイトは『ナチュリラ』『大人になったら着たい服』『暮らしのおへそ』の雑誌、ムックを制作する編集部が運営しています。

ページトップ