ショートケーキはいちごから vol.4 藤田志保さん

暮らしのおへそ
2019.02.14

←vol.3はこちらから

クッキーの「藤田便」を届ける

友人が欲しいか欲しくないかを気にするより
自分が「食べて欲ほしい」と思ったら
プレゼントするのが私流。

4_1

クッキーを焼くときは大量に作る。空き缶にきれいに詰めて「藤田便」と名づけ、大阪に住む妹さんやママ友などに送る。誰かに喜んでもらうことが好き。


仕事から帰ってご飯を作り、子どもを塾に送って、迎えに行ったら夕食を。お風呂に入って寝たらまた朝が始まって。そんなに忙しいのに、深夜近くにクッキーを焼いたり、大介くんのサッカーの試合のために、お守りを手作りしたり。

「一日も一週間も一年もあっという間です。京子といつも一日36時間あればいいのにねって言うんですよ」

朝起きて、家族を送り出すと藤田さんは自分のためにゆっくりコーヒーをいれます。必ず「朝日新聞」の「折々のことば」を読んでから、いざ仕事へ。

4_3

朝の儀式で自分にパワーを注入 ネルドリップやサイフォンなど、その日の気分で丁寧にコーヒーをいれる。「この1杯が私の元気の源です」と藤田さん。「折々のことば」に目を通し、自分の力になる言葉を心にストック。

4_2


「今がいちばん楽しいですね」

自分に素直になって、「これが欲しい」「あれがやりたい」と言葉に出し、行動に移すことは、意外に難しいのかもしれません。いつでもショートケーキのいちごに、一番に手を伸ばせる自分でいる。それが、藤田さんのおへそのようでした。


暮らしのおへそ Vol.26」より
photo:興村憲彦 text:一田憲子

Profile

藤田志保

Shiho Fujita

大学卒業後、地元の企業に就職。結婚を機に専業主婦に。実家に父、夫(単身赴任中)、長女、長男と暮らす。昨年から仕事を再開。派遣登録をして、現在は病院で事務の仕事をこなす。専業主婦時代は手作りにはまり、ブローチなどを作っていた。おいしいものとおしゃれが好き。

Check it out

あなたにおすすめ

肩の力を抜いた自然体な暮らしや着こなし、ちょっぴり気分が上がるお店や場所、ナチュラルでオーガニックな食やボディケアなど、日々、心地よく暮らすための話をお届けします。このサイトは『ナチュリラ』『大人になったら着たい服』『暮らしのおへそ』の雑誌、ムックを制作する編集部が運営しています。サイト内の記事は、複数の外部配信メディアでも掲載されています。

ページトップ